湯シャンで抜け毛で抜け毛が増えた?薄毛改善は嘘!?

更新日:

こんにちは、幸村です。

最近、湯シャンが頭皮に優しく育毛に良いと話題になっています。

しかし、湯シャンは必ずしも薄毛改善に効果的なわけではありません

間違った知識、間違ったやり方だと
逆に抜け毛が増える原因となってしまうかもしれません。

そこで今回は、
どのような場合に湯シャンをやるべきなのか
やり方はどうすればよいのか

ということについて解説していきます。

 

湯シャンの目的 なぜ薄毛改善と言われているのか

 

 

湯シャンとは、その名の通りお湯のみで(シャンプーを使わずに)洗髪することです。

これは、余分な皮脂を取りすぎないためにやるものです。

 

人間の皮膚には、汚れていない場合でも必ず皮脂があります。
なければいけません。

皮脂があるおかげで、皮膚の保湿をしたり、菌が繁殖しないようになっています。
皮脂は皮膚の健康のためには必要なものなのです。

 

これは頭皮も同じで、
髪の毛が健康に保たれるためには頭皮が健康でなければならない。
頭皮が健康なためにはある程度の皮脂がなくてはけません

 

しかし、科学が進歩して、洗髪のための道具=シャンプーが生まれました。

シャンプーは、頭皮の汚れを落とし臭いなども気にならなくなるということで現代では当たり前に使われています。

シャンプーには、界面活性剤という洗浄能力がとても強い成分が含まれています。
この成分によって汚れが落としやすくなっているわけですが、
実は必要以上に皮脂を落としてしまうというデメリットもあるのです。

 

先に書いたように、皮脂を落としすぎると頭皮環境が悪くなってしまいます。
つまりシャンプー=頭皮環境悪化ということが起こりえるわけです。

 

そこで、そうならないようにシャンプーを極力使わずに頭皮の汚れを落とそう
というのが湯シャンです。

湯シャンがうまくいって頭皮環境が改善し、薄毛改善の効果が見られた人も中にはいるでしょう。

しかし、これがすべての人に当てはまるとは言えません。
湯シャンが上手くいくか・いかないかは個人差があります

ではうまくいかない理由は何なのでしょうか?

 

湯シャンで抜け毛が増えてしまう理由

 

 

湯シャンで抜け毛が増えてしまう理由を一言で表すと、
汚れ(皮脂)がしっかり落ちないからです。

 

湯シャンは皮脂を落としすぎないようにシャンプーを使わずにやるものだという解説をしましたが、今度は汚れや皮脂が落ちなさすぎるのです。

頭皮にも少量の脂は必要ですが、大量に残っている場合は当然頭皮環境を悪化させる原因となってしまいます。

 

現代は科学が発展し、
車や工場から排出されるガス・整髪料などによる汚れ・
添加物や油ものを食べたことによる過剰な皮脂・ストレスによる過剰な皮脂

など、頭皮の汚れにつながる原因がたくさんあります。
昔とは環境も食生活も全然違うわけです。

そしてそのような環境で生活していると、皮脂が余分に分泌しやすいため、
湯シャンだとしっかり汚れが落ちない場合があります

 

これが湯シャンが必ずしもうまくいくわけではなく、
場合によっては抜け毛が増えてしまう理由です。

 

湯シャンはこのような人なら薄毛改善効果が期待できるかも?

 

以上の解説を踏まえ、
湯シャンがどのような人にオススメなのかを解説していきます。

 

皮脂が少ない人

 

湯シャンで抜け毛が増える原因は汚れが十分落ちないことでした。

なので、そもそも頭皮の汚れ(=皮脂)が少ない人は、
脂を落としすぎないようにするために湯シャンをするのが効果的です。

 

頭皮の脂の量には当然個人差があります。

乾燥肌の人や、普段肉などの油物を食べない人、汚れにくい環境で生活している人などは基本的皮脂の量も少ないでしょう。

そのよう場合は、シャンプーで髪を洗うと脂を落としすぎてしまうかもしれません
したがってこのような方には湯シャンが効果的となります。

 

朝シャンをする人

 

朝シャンをする人は、1日2回シャンプーをしている場合が多いと思いますが、
それはやりすぎの可能性が高いです。

本当に脂性肌(皮脂が多い)で、シャンプーしなければ頭皮環境が悪いということでしたらまだいいかもしれませんが、基本的には2回もシャンプーをすると余分な皮脂まで落ちてしまいます。(脂性肌の方も生活をまず変えることで改善できるかもしれません)

 

そこでそのような人には、朝だけ湯シャンにしてみることをオススメします。
大量の汚れを放置しておくと臭いが出るかもしれませんが、夜風呂に入った次の朝ならば湯シャンでも全然大丈夫です。

 

正しい湯シャンのやり方

 

 

それでは湯シャンのやり方について簡単に解説していきます。

 

お湯の温度は30℃後半にしましょう。
温度が高ければ高いほど洗浄力は強くなりますが、あまり熱いと頭皮にとって刺激となってしまいます

洗うときは、指の腹で優しく頭皮を洗います。
爪を立てたり力を入れすぎないようにします。

 

また、湯シャンをやると場合によっては髪きしんで洗いにくくなることもあるようですが、そのような場合には洗う前に軽くブラッシングをします。
こうすることで、髪をとき、ホコリなどの汚れを落とすことで洗いやすくなります。

 

乾燥肌の方でも、いきなり毎日これをやるのではなく
数日に1回程度から始めましょう。
やってるうちに自分の頭皮には合わないなと感じたらやめるようにするのが良いでしょう。

今日は汗もかいたし汚れが多そうだなと思った日には普通にシャンプーを使うなど、臨機応変にやると良いですね。

 

繰り返しになりますが、湯シャンは人によって合う合わないがあるので、
自分の生活環境や頭皮の性質を考えたうえでやるようにしましょう

 

まとめ

 

それではまとめです。

 

  • 湯シャンは汚れが十分洗い流せないことが原因で、逆に抜け毛が増えてしまうこともある
  • 湯シャンで薄毛改善効果が得られるのは皮脂がそもそも多くない人(乾燥肌や油物を食べないなど)・湯シャンをするというような人
  • やり方は、熱すぎない温度で刺激をあまり与えないよう。毎日やる必要はない

 

となります。

誰かが湯シャンで成功したから自分もうまくいく
というような考え方はよくりません。

頭皮環境や生活環境は個人差があるからです。

自分に合うかを考えた上でやるようにしましょう。

 

ちなみに、頭皮の脂を落としすぎないようにするのは
シャンプーを変えることで改善することもできます。

洗浄力を抑えた、頭皮に優しいシャンプーについての記事もぜひ読んでみてください。↓

【具体例あり】市販シャンプーはハゲる?絶対にダメなシャンプーの見分け方!

市販シャンプーにはハゲる原因となる成分が使われていることが多いです。使ってもいい安全なシャンプー・絶対に使ってはいけないシャンプーはどのように見分けるのか。実際の市販シャンプー「メリット」などを例に挙げて、具体的に解説しています。AGAに効くシャンプーも紹介。

-シャンプー, 薄毛に関するよくある間違い・嘘, 薄毛予防

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.