育毛剤とプロペシアってどっちが効くの?【効果・価格を徹底比較】

更新日:

フィナロイドの錠剤の色
薄毛対策として、育毛剤とプロペシアを迷っているんだけど、どっちのほうが効くんだろう?なるべく価格は抑えたいし、お金が無駄にならないほうを選びたいな。

という方の疑問に、プロペシアの歴が3年くらいの僕が答えていきます。(冒頭の写真はプロペシア↑)

 

結論から言うと、ほとんどの人にとってはプロペシアのほうが効きます

というのも、実は育毛剤とプロペシアでは成分や役割が全く違うんですよね

頭痛薬と胃腸薬くらい違うものなんです。

これらの違いを徹底的に解説し、あなたに合うのはどっちなのかを説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事で分かることは次の2つ。

  • 育毛剤とプロペシアの決定的な違い
  • お金を無駄にせず、効果を得るためにはどっちを選べばいいのか

 

育毛剤とプロペシアではそもそも役割(効果)がまるで違う

 

「役割」というとちょっとちょっと分かりにくいかもしれませんが、

例えば

  • 頭痛薬なら頭痛を止める役割
  • 胃腸薬ならお腹の痛みを止める役割

がありますよね。

そもそも役割が違うから、これらの効果の比較とかをしても全く意味がないわけです。

 

育毛剤とプロペシアも、同じように表面上だけ効果を比較しても意味がないということなんですね。

んで、それぞれの役割は次のようになっています。

  • 育毛剤➔髪に栄養を与える
  • プロペシア➔AGAという脱毛症を止める

 

育毛剤の役割は髪に栄養を与えること

 

基本的には、育毛剤には髪にいいとされている栄養素が含まれています。

アミノ酸・亜鉛・ビタミン・ノコギリヤシなど。

 

こう見ると、「育毛剤は髪に良いんだ」と思うかもしれませんが、実はそこまででもないんです。

確かに髪に良いことは事実なんだけど、そもそも栄養を補給しても薄毛が治る確率はかなり低いんですね。(理由は後述)

 

さらに、基本的にこういうのは内服(飲むタイプ)のほうが効果が高いとされています。

なので、育毛剤を使うくらいならサプリメント飲んだほうがいいんじゃない?というのが僕の意見です。

 

プロペシアの役割はAGAという脱毛症を止めること

 

次に、プロペシアの役割は「AGAという脱毛症を止めること」となっています。

 

AGAって聞いたことがありますかね?

男性型脱毛症といって、男性ホルモンの異常によって起こる脱毛症です。

 

よく、「薄毛は男性ホルモンのせいだ」とかって言われますよね?

それは、実はAGAのことを言っていたんです。

(ただし、AGAというものが発見されたのは最近の話だから、ちょっと違う解釈で世の中に広まってしまっている)

 

AGAについては、ここら辺の記事を読んでみてください。

 

で、もしあなたがAGAであるならば、薄毛を治すためには育毛剤ではなくてプロペシアを飲まなければいけないということになります。

AGAを治すのは、プロペシアの役割だから。

幸村
AGAなのに育毛剤を使うというのは、頭が痛いのに胃腸薬を飲むようなものなんだ。

 

じゃあそもそもあなたはAGAなのか?を判断しなければいけない

 

じゃあ、プロペシアか育毛剤か迷っているという方は、

自分の薄毛の原因は何なのか?

ということをハッキリさせなきゃいけないですよね。

 

もしAGAなら、育毛剤では役割が全く違うので、プロペシアを飲まなきゃ改善は不可能になります。

 

実は、世の中のほとんどすべての薄毛はAGAによるもの

 

とはいえ、実は世の中の薄毛のほとんどはAGAによるものだと言われています。

確率にすると90%以上。

なので、ほとんどの人にとっては育毛剤ではなくプロペシアを使わなければいけないということです。

 

見分け方としては、「薄毛の形」で簡単に判断できます。

え際(M字)・頭頂部(つむじ)辺りから薄毛になっているのなら、それはAGAである可能性が高いです。

 

生え際(M字部分)から頭頂部(つむじ)にかけて)薄毛が広がっていたらAGAの可能性が高い

 

一応、こちらで詳しいセルフチェックの方法を解説しているので、よかったら読んでみてください。

AGAの3つの具体的セルフチェック!間違いだらけの診断に注意!!

 

もしAGAであれば、育毛剤を使っても意味がない

 

さっき、育毛剤では薄毛を治せる確率はかなり低いと言いましたが、その理由はもう分かりましたかね?

理由は簡単で、ほとんどの薄毛はAGAによるものだから

そして、育毛剤の役割はAGAを治すことではないからなんです。

 

もし↑さっき説明したような生え際・頭頂部を中心としたハゲ方をしているのなら、AGAである可能性が高いので、

そういう場合は育毛剤ではなく、プロペシアで対処していかないと治すことはできません。

 

もう少し詳しい話をすると、

プロペシアで髪が抜けない状態を作り、その上で「ミノキシジル」という薬を使って新しい髪を生やしていくということになります

幸村
リアップって聞いたことあります?あれが実はミノキシジルなんだ。育毛剤とは全然役割が違う製品なんだよ。

ま、本格的なAGA治療では飲んタイプのミノキシジルを使うんですけどね。(リアップは塗るタイプ)

 

  • 「もしかしたら自分はAGAかも・・・。」
  • 「AGAの対処法をもっと詳しく知りたいな」

 

という方は、こちらを参考にしてみてください。

AGAの治し方を0から解説【治療歴2年の僕がデメリットも全部解説します。】

絶対に失敗しないAGA治療の始め方を0から解説【治療歴3年の僕がデメリットも全部説明します。】

  こんにちは、若ハゲの幸村です。 僕は20歳の頃からAGA治療の病院に通い、AGA治療をしてきました。(この記事を書いている時点で3年以上。) 一応今でも治療は続けていますが、現在は割と幸 ...

続きを見る

 

育毛剤とプロペシアの費用の違い【プロペシアのほうが安い】

 

さて、次は育毛剤とプロペシアの費用を比較してみましょう。

「プロペシアってAGAの特効薬的なものだから、高いんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、実はそうでもないんですよね。

 

育毛剤の価格は、ピンキリですが、一番有名&人気のチャップアップがだいたい月に8,000円くらいします。

全体的には、だいたい7,000円~1万円くらいするものがほとんどですよね。

 

それに対してプロペシアは、平均で7,000円~8,000円くらい。

 

育毛剤とだいたい同じくらいの料金なんですが、プロペシアの場合はジェネリック品が開発されているので、それを使うとだいたい

4,800円~6,000円に抑えることができます

※ジェネリックというのは、元の薬の成分をマネして作られた、「効果が同じで価格が安い薬」のこと。

 

有名なプロペシアのジェネリック品には、「ファイザー」というものがあるんですが、これだとだいたい安くて6,000円くらいですね。

 

プロペシアジェネリックのファイザー。スキンクリニックのベーシックプランの最安値で使用する。

 

幸村
病院によって費用が少し変わってくるんだけど、僕が一番オススメしているところだと、一番安くて月に4,800円くらいで処方してもらえる。

 

ちょい複雑になってきたので、表にまとめるとこんなかんじ。

 

価格 役割
チャップアップ ¥8,000 栄養補給
プロペシア ¥7,000 AGAを抑える
プロペシア
ジェネリック
¥4,800~6,000 AGAを抑える

※AGAの病院では1カ月目がかなり安く、2カ月目以降は少し高くなる場合がほとんどなので、この表は2カ月目以降の料金で書いています。

 

「プロペシアって本格的な薬だから結構高いんじゃない?」

って思われてるんですけど、全くそんなことはなく、というか育毛剤よりも安いんですよ。

 

さっき軽く説明したミノキシジルというのを合わせると1万円以上しちゃうんですけど、育毛剤を使うくらいならプロペシアだけで治療していたほうが、安く・効果も大きいです

 

ただし、プロペシアは病院に行かないともらえないのがネック

 

ただし、プロペシアの場合は基本的に病院に行かなければもらえません。

普通の医者でもらう薬なので。

 

育毛剤のように市販で買ったり通販で購入することができないので、その点はちょっとネックですよね。

幸村
まあ、正確には通販で買えるプロペシアジェネリックもあるんだけど、最初は病院で検査とかをしなきゃいけないんだ。

 

育毛剤とプロペシアのデメリットを比較

 

次に育毛剤とプロペシアのデメリットを比較していきます。

こんなかんじになっています。

 

デメリット
育毛剤
  • AGAに効かないから、ほとんどの人が効果を実感できない
  • 毎日塗るのがめんどくさい
プロペシア
  • 副作用がある
  • 病院に行くのがめんどくさい(人によっては緊張する)

 

ここまでの説明を読んでいれば分かると思うんですが、育毛剤は本当に効かないんですよ・・・。

やっぱりほとんどの人はAGAなので、それに適した治療をしていかないといけないということなんです。

 

プロペシアのデメリットで大きなものは副作用ですね。

性欲減退なんかがあります。

 

ただ、副作用に関しては確率が低いのと、生活に支障が出るレベルのものは起きないので、

「抜け毛がなくなって髪が生えるメリットのほうが圧倒的に大きい」という人が多いです。

幸村
かくいう僕もそう。もう抜け毛とかは本当に気にならなくなったから。プロペシアジェネリックを今後もずっと飲み続けていく予定。

 

ちょっと不安な方もいるかもしれませんが、

安全に・失敗せずに・お金をなるべくかけずにAGAの治療を治す方法はこちらでまとめてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

AGAの治し方を0から解説【治療歴2年の僕がデメリットも全部解説します。】

絶対に失敗しないAGA治療の始め方を0から解説【治療歴3年の僕がデメリットも全部説明します。】

  こんにちは、若ハゲの幸村です。 僕は20歳の頃からAGA治療の病院に通い、AGA治療をしてきました。(この記事を書いている時点で3年以上。) 一応今でも治療は続けていますが、現在は割と幸 ...

続きを見る

 

まとめ

 

育毛剤とプロペシアの違いを比較してきました。

結論は、ほとんどの人にとってはプロペシアのほうがいい(というかプロペシアじゃないとダメ)となります。

 

  • 育毛剤とプロペシアはそもそも役割が違う
  • 育毛剤は栄養補給・プロペシアはAGAに対抗する役割
  • 90%以上の人はAGAだから、プロペシアじゃなきゃ無理
  • プロペシアは育毛剤よりも安く、一番安くて月に4,800円くらい。
  • プロペシアのデメリットは、育毛剤と違って副作用がある・通院が必要

 

となります。

 

育毛剤とプロペシアは全然違うものだということが分かったでしょうか?

育毛剤・発毛剤(リアップ)・プロペシア・ミノキシジルなどがありますが、これらは全部違うものなので、しっかり違いを理解して自分に合ったのはどれなのかを把握しておきましょう。

 

以上、参考になればうれしいです。

治療頑張りましょうね(^^ゞ

 

-プロペシアの基礎知識, AGA治療薬の基本, 育毛剤

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.