【断言する】オナニーは薄毛・AGAの原因にならないし、むしろヤれ。

更新日:

オナニーするとハゲるっていう噂があるけど本当なのかな?もし本当だったら自分は結構やばい気がするからやめたいんだけど、でも都市伝説とも言われているし、実際のところどうなんだろう?

 

という疑問に答えていきます。

この記事を書いている僕は薄毛に関する医学的な治療をやっており、男性ホルモンと薄毛の関係についてはかなり詳しいと自負しています。

そんな僕がいろいろな研究や資料を調べて出した結論が、「オナニーは薄毛(AGA)の原因にはならない」です。

ぜひヤってください。(僕も何も気にせずしています。)

 

ということで今回は、オナニーでハゲると言われている理由を徹底的に潰していこうと思います。

この記事で分かること。

 

  • なぜオナニーは薄毛(AGA)と関係がないのか
  • 他のサイトではやめろと言われているけど、それが間違っているという根拠
  • むしろやるべきな理由

 

ぜひ参考にしてみてください(^^ゞ

 

オナニーが薄毛の原因にならない理由を科学的に解説する

 

オナニーをするとハゲるとうわさされるのには、次の2つの理由があります。

 

  • 男性ホルモンが増加するから
  • 亜鉛などの栄養が不足するから

 

一番怖いのは男性ホルモンの増加ですよね。

男性ホルモンが多いとハゲになりやすいとよく言われますから。

でも実は、これらの理由は2つとも間違っています。

 

間違い1:「オナニーをすると男性ホルモンが増えてハゲる」は間違ってる

 

これは最近の研究で明らかになってきたんですが、間違っているという説がかなり有力です。

 

正しくは、

男性ホルモンが増えてもハゲない

というか、オナニーをしても男性ホルモンは増えない。

とされています。

 

男性ホルモンが増えてもハゲない

 

男性ホルモンが増えるとハゲるというのは、実は少し間違いです。

正しくは、『悪玉男性ホルモン(DHT)が増えるとハゲる』です。

 

ただの男性ホルモン(=テストステロン)が増えるだけだと薄毛にはなりません。

それが体内で悪玉男性ホルモン(=DHT)に変化することによって抜け毛が増えます。

 

テストステロンとDHTの関係

参考:【初心者でも分かる】AGAとは?発症の原因・きっかけを一から解説!

幸村
ここからは安全な男性ホルモン=テストステロン、危険な悪玉男性ホルモン=DHTって呼ぶね。

 

射精をすると増えると言われているのは危険な危険なDHTではなく安全なテストステロンの方なんですよね

だからそもそも直接の原因にはならないということです。

 

でも普通のテストステロンが増えるとDHTも増えちゃうんじゃないの?

僕も最初はそう思っていたんですが、どうもテストステロンとDHTは反比例の関係にあるみたいです。

テストステロンが増える↑DHTが減り↓テストステロンが減る↓DHTが増える↑ということ。

 

テストステロンが減るとDHTが増えるのはなんで?

それは体の中で「テストステロンが減った分を、DHTを増やすことによって補おう」という反応が起こるからです。

ここら辺はちょい難しいので、気になる方はこちらの記事と合わせて読むと理解が深まると思います。

【嘘】筋トレではげるは嘘!薄毛の原因にはなりません!

 

完全にこの説が正しいとはまだ言い切れないですが、少なくとも「テストステロンが増える=DHTも増える」というわけではなさそうです。

 

そもそもオナニー(射精)してもテストステロンは増えない

 

ここまでは、「薄毛の原因はテストステロンではなくDHTだから、オナニーは薄毛と関係ないよ」という話をしてきました。

でも実は最近の研究で、オナニーはテストステロン(安全なやつ)すら増えないとしています。

 

確かに僕らの感覚的には、射精をすることによって男性ホルモンは増えそうですが、実はそうでないことがこの研究によって示されています。

参考Endocrine response to masturbation-induced orgasm in healthy men following a 3-week sexual abstinence

 

これは、3週間の性的禁欲(オナ禁)をした男性10人がオナニーをすることによって分泌される物質を調べた実験です。(計測はオナ禁前後に1回ずつ)

結果は,

血漿テストステロンはオルガズムによって変化しなかったが、禁欲期間後にはより高いテストステロン濃度が観察された。

※オルガスムとは絶頂(=射精)のこと。

 

簡単に言うと、「テストステロンの濃度はオナニー前後で変化はなかったが、オナ禁期間後には高い濃度になっていた。」

ということになります。

 

オナニー後にテストステロンが増えない。むしろオナ禁したら増えちゃったという結論です。

幸村
ストレスで男性ホルモンが増えるらしいから、オナ禁⇒ストレス⇒テストステン増えるってことなんだろうね。

 

ちょっと難しい話が続いたのでいったんここまでの内容をまとめます。

ここまでのまとめ

薄毛の直接の原因はDHTだけど、オナニーではDHTは増えない。

そもそも安全なテストステロンすらオナニーでは増えない。

だから「オナニーすると男性ホルモンが増えてハゲる」は間違っている。

 

間違い2:「射精すると亜鉛などの栄養が不足するからハゲる」も間違い

 

オナニーがはげると言われている理由は男性ホルモンのほかに、栄養を消費してしまうからというものがあります。

主に亜鉛ですね。

亜鉛は髪にとって大切な栄養素です。(ケラチンを合成する役割)

 

亜鉛の一日の推奨摂取量は10mg程度。

で、射精するとその亜鉛を3mg前後消費すると言われています。

なので、「射精すると一日に必要な亜鉛の多くを失い、亜鉛不足になってハゲます。」みたいなことを書いているサイトが結構あるんですが、それは間違いです

 

1日10mgというのは、推奨摂取量ですよ。

推奨摂取量。

 

確かに一日の摂取量は10mg程度が推奨されていますが、そもそも人間の体に10mgしか亜鉛がないわけではありません。

実は人間の体内には、2,000mg程度の亜鉛が蓄積されています。

そこから生活や何かの活動に必要な亜鉛を消費しているので、射精で3mg失う程度ではびくともしません

参考:亜鉛の効果・効能|【公式】グリコ

660回ぐらい射精したらなくなるんだね。(笑)
幸村
1度の射精で亜鉛不足になるようなそんな弱い作りになっているということはまずないよ。そんなんじゃ僕たちは子孫を残せないから、そうならないように生物的に大丈夫な構造になってる。

だいたいこういうのって、「亜鉛を不足させないために育毛剤使いましょう・サプリ飲みましょう」みたいなのに誘導されます。

つまり、そういうのを売る切り口にするために、わざと大げさに煽って不安にさせているわけです。

僕は情報を発信する側だから分かりますが、この業界はそんなんばっかですよ。

 

というかそもそもオナニーは男性器機能を健康に保つために必要なこと

 

以上の理由から、オナニーと薄毛は関係ないというのがかなり有力です。

というか、過度なオナ禁はむしろ体にとっては悪いことだと思うんですよね。

 

僕は何か人間の体のことについて考えるとき、「生物学的にこれはどんな役割があるのだろう」と考えることが多いのですが、そういう観点からみても、オナニー(射精)がダメとは思えないんです。

 

人はなぜオナニーをするのか?って考えたことがありますか?

これは、

  • 精子を入れ替え常に新しい質の良いものにしておくため
  • 射精機能を衰えさせないため

という生物学的な意義があります。

つまり生物のオスとしての本能が、「男らしくあるためにやれ」と言っている大切なことなんです。

なので、人間はそれをやるようにできている。

オナニーをすることによって体に不都合が生じるのは、その本能に反しているんですよね。

 

こういう観点からも、僕はオナニーはやっても平気。というかむしろある程度はしたほうがいいと思っています。

幸村
例えば「朝立ち」って勃起力を衰えさせないためにあるものなんだよね。オナニーもそういうふうに本能として備わってる機能だから、無理やり押さえつけるのは良くないんじゃないかなって思ってる。

 

もちろんセックスもAGA進行とは関係ない

 

これも全く問題ありません。

というかオナニーはハゲると言われるのに、なんでセックスに関しては何も言われないんでしょうね?

不思議です・・・。

 

あなたは好きな女性とセックスするために薄毛対策をするという部分もあるでしょうから、それがダメというのは本末転倒ですよね(笑)

好きな女性とのセックスはむしろストレス解消になるし、髪にとってはかなりいいことだと思いますよ!

 

【断言】オナ禁ではげが治るという都市伝説は嘘

 

断言しますが、オナ禁でハゲが治る確率は本当に低いと思います。

 

世の中の男性の薄毛のほとんどはAGAという病気によるものです。

幸村
さっき説明した悪玉男性ホルモン(DHT)によって抜け毛が増えてしまう、というのがAGAだよ。
幸村
「薄毛は男性ホルモンのせいだ。」「薄毛は遺伝する。」というのはすべてAGAに関する話なんだよね。「AGAは男性ホルモンのせいだ。」「AGAは遺伝する」というのが正しい。

なのでAGAを治せば(DHTを抑えれば)薄毛は治るんですが、さっき説明した通りDHTとオナニーは関係が無い可能性が高いんです。

つまり、オナ禁をしてもAGAは治らない=オナ禁をしても薄毛は治らないということになります。

 

毎日欠かさず3回してるという人がいれば、それはさすがに回数が多いので減らしてみると効果があるかもしれないけど、普通程度の人が減らしたところであまり意味がないです。

じゃあどうやったらAGAは治るの?

 

この世で最も有効な悪玉男性ホルモンDHTの対策

 

AGAを治す(DHTを抑える)にはそれ専用の治療方法があります。

AGAは病気なので、その病気に特化した方法をしようということですね。

詳しくはこちらを読んでみてください。

「何をやっても全く抜け毛が止まらない」という人は必ず病気を疑え。

「何をやっても全く抜け毛が止まらない」という人は必ず病気を疑え。

ネットでよく言われている対策をしても抜け毛が止まらない人は、病気の可能性が高いです。「生活習慣の改善」「シャンプーを見直す」「亜鉛を取る」こういった方法で治らなかった人は必見です。

続きを見る

 

まとめ

 

以上がオナニー(射精)とAGAの関係についての解説になります。

まとめです。

 

  • オナニーによって射精しても、テストステロンもDHTも増えない
  • 亜鉛不足にも普通はならないから問題ない
  • オスとしての本能に逆らうな!

 

となります。

全然気にしなくてOK!というのが僕の見解です。

僕も全く気にしていません。(笑)

以上、参考になればうれしいです(^^ゞ

 

こちらの記事おすすめなので、ぜひ読んでみてください。

「何をやっても全く抜け毛が止まらない」という人は必ず病気を疑え。

「何をやっても全く抜け毛が止まらない」という人は必ず病気を疑え。

ネットでよく言われている対策をしても抜け毛が止まらない人は、病気の可能性が高いです。「生活習慣の改善」「シャンプーを見直す」「亜鉛を取る」こういった方法で治らなかった人は必見です。

続きを見る

 

面白かった・参考になったと感じた方は、ブログ村ボタンをぽちっとしてもらえると嬉しいです(*‘∀‘)

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます。 (一瞬で戻るボタン押して大丈夫です。)

お知らせ

抜け毛が止まらない様子

次のようなことをやっていると、治らないどころか悪化してしまう可能性も・・・。

  • 「食事を改善させても治らない」
  • 「シャンプーを変えても変わらない」
  • 「積極的に運動してるのに抜け毛が減らない」
  • 「育毛剤を使っても治る気配がない」
  • 「何をしても抜け毛が止まらない・・・。」

こういった方たちは共通して、『ある一つの薄毛の原因』を知らない可能性が高いです。

これさえ分かってしまえば、80%以上の確率で薄毛を改善させることができる。

僕自身の若ハゲという経験からたどり着いた、育毛の唯一の答えを明かします。


「何をやっても全く抜け毛が止まらない」という方へ。

-AGAの基礎知識, 薄毛に関するよくある間違い・嘘

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.