プロペシアを皮膚科で処方してもらうのは絶対にやめておけ!!

更新日:

 

AGA治療でプロペシアを飲んでみたい。気軽に通える皮膚科に行ってみようと考えてるんだけど、どうなんだろうか?皮膚科でもしっかり診てもらえるのかな?

という方の悩みに答えていきます。

結論から言うと、皮膚科でAGA治療をするのは基本的にはやめた方がいいと思います

ハッキリ言ってデメリットだらけです。(ただし例外もある)

 

ということで、今回は次の3つを中心に話していきます。

 

  • 皮膚科でのAGA治療をおすすめしない理由
  • 皮膚科とAGA専門の違い
  • クリニックが不安という人へのメッセージ

 

僕は約1年、AGAクリニックで治療をした経験があるので割とリアルな話ができると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

皮膚科は行きやすいと思っている方、意外とそうでもないですよ!

 

皮膚科はAGA治療専門ではない

 

まず、皮膚科のAGA治療の内容を先に説明しておきます。

皮膚科でできること、それは

 

  1. 話をする
  2. プロペシアをもらえる

 

この2点です。これだけです。

 

皮膚科はAGA治療を専門として扱っていません。

なので、基本的にはAGA患者さんに対してはできることがあまりなく、軽く話をしてプロペシアを処方するだけのことがほとんどです。

 

というかそもそも、AGAは皮膚の病気じゃないんですよね。

AGA⇒薄毛⇒頭皮という発想で、皮膚科が良さそうだと思ってしまうのは確かに分かります。

でも、AGAは皮膚ではなく、男性ホルモン・血液に関する病気です。

関連記事:AGA発症の原因を正しく理解

 

ぶっちゃけ頭皮はあんまり関係ありません。(育毛剤が効かないのはこのため)

 

虫歯なら歯医者に行くべきだし、肌荒れなら皮膚科に行けば解決するし、筋肉の痛みなら整形外科に行くのが良い。

それと同じように、AGAならAGA専門の病院に行くべきなんです

 

皮膚科とAGAクリニックでは何が違うのか?

 

皮膚科とAGAクリニックでは何が違うのか?

ということを解説していきます。

 

大きな違いは次の3つ。

  1. 診察や検査をしっかりやってくれるか
  2. プロペシア以外の治療薬も処方してくれるか
  3. 料金

 

順番に見ていきましょう。

 

皮膚科はちゃんとした診察・検査をしてくれない

 

皮膚科はAGA専門の病院ではありません。

なので、そこまでAGAに関して詳しくもなければ、ちゃんとした診察・検査等をしてくれません

 

診断の内容も軽く話して、遺伝の状況や抜け毛の本数を聞いて終わりだということが多いようです。

 

軽度の薄毛で皮膚科に行くと、「気のせいだから大丈夫だ」といってあまり話を聞いてくれないことも多いようです。(笑)

特に若はげの場合はそう判断されることもあります。

本人からしたらかなり不安だし確実に薄くなっているけど、ぱっと見で大丈夫じゃない?って言われること結構あるんだよね。

 

僕もそういう経験があるのでよくわかります。

 

AGAクリニックの場合

 

AGA専門の病院やクリニックの場合は、専門の医師が診断をしてくれます。

参考プロによるAGAの診断基準

 

診断の内容は、問診(遺伝や抜け毛の状態の確認など)、触診、診察など。

 

診察は特殊なスコープで頭皮の状態を確認してくれたりします。

 

スコープで頭皮の状態をみたときの様子

 

 

また、AGA専門の病院やクリニックは血液検査をしっかりとやってくれます。

 

AGA治療薬というものはかなり強い効果を持つ反面、注意しなければいけないのが副作用。(確率はそんなに高くないですが。)

なので、その治療薬に耐性があるかどうかの血液検査を必ずやってから治療に移ります。

 

そしていざ治療を始めた場合、治療薬を飲んだ状態で異常がないかどうかの検査をもう一回してくれます

 

これは健康面・安全面を考えるなら絶対にあった方がいいよね。

 

僕自身も軽い副作用が出ているので、検査はしっかりやっておいたほうがいいです。

 

皮膚科はプロペシアの処方しかしてくれない

 

皮膚科はプロペシアの処方しかしてくれません

よく「プロペシアは現状維持の治療だ」と言って処方されます。

 

それは正しくて、プロペシアはAGAの原因であるDHTを抑え、抜け毛をなくす効果があります

抜け毛が無くなることはすごく良いことですが、そのままでは新しい毛が生えないので、薄毛を治すことはできません。

 

AGAクリニックの場合

Noxidilのボトルタイプの中身

 

AGAクリニックの場合は、プロペシアの他にもミノキシジルというものを処方してくれます。

これは発毛を促すための薬です。

 

「プロペシアで抜け毛をなくして、ミノキシジルで発毛させる」ということができるので、クリニックの方が圧倒的に効果が高い治療ができます

現状維持で構わないというのなら皮膚科でもまだいいかもしれませんが、やっぱりハゲを治したいという方が多いと思うので、そういう方には皮膚科はおすすめしません。

 

ちなみに、僕もプロペシア+ミノキシジルの組み合わせで治療をしています。(正確に言うと、塗るタイプのミノキシジルも使ってる)

 

皮膚科はプロペシアの料金が相場よりも高いことが多い

 

皮膚科はプロペシアの処方が相場よりも高いことが多いです。

 

AGA治療の場合は自由診療と言って、それぞれの皮膚科が自由にプロペシアの値段を決めることができるのでハッキリいくらということはできませんが、

だいたいは6,000~7,000円のところが多く、それに+診察料+処方箋料がかかります。

 

なのでプロペシアの処方だけでも毎月合計8,000~10,000円かかるところが多いです。

参考AGA治療を皮膚科でやったら費用はどれくらいかかるか

 

プロペシアは保険適用外だから、結構高くなってしまう・・・

 

AGAクリニックの場合

プロペシアジェネリックのファイザー。スキンクリニックのベーシックプランの最安値で使用する。

 

それに対し、AGAクリニックのプロペシアは安いことが多いです。

相場はだいたい5,000~6,000円くらい。

 

しかし、AGAクリニックではさらに安いプロペシアジェネリックを置いているところもあります。

 

ジェネリックとは

プロペシアをもとに作られた類似治療薬のようなもの。成分は同じフィナステリド効果は同じで料金が安いというメリットがある。

 

ジェネリックはフィナステリド錠(↑の写真)と呼ばれることがあり、皮膚科では基本的にはもらえません。

こっちはだいたい4,000~5,000円なことが多く、僕がおすすめしているところだと初回は3,400円で処方してもらうことができます。

業界トップレベルのコスパです。(詳しくはAGAスキンクリニックの料金で解説。)

 

 

なぜクリニックはこんなに安いのか?

 

AGAクリニックはなぜこんなに安いのか?

それはおそらく、プロペシア単体の治療はあまりやらないから。

さっきも解説した通り、AGA治療はミノキシジルとセットでやることが最も発毛効果が高いです。

 

なので、専門の病院ではそのような他のプランを用意しています。(費用は少し高くなります。)

 

そういう意味で、プロペシアジェネリックの処方はお試しとしてやるものだという位置づけなのでしょう。

僕もそう思っていて、3,400円なら試してみるだけでもよさそうですよね

 

でも、皮膚科に行きたいという気持ちも分かる

 

以上が僕が皮膚科をおすすめしない理由です。

対応・効果・費用」どれをとってもAGA専門のクリニックの方が優れているのが分かると思います。

 

皮膚科に限らず、やっぱり薄毛治療はAGAを専門で扱っているところ以外は行かないほうがいいと思います。

 

でも、皮膚科に行きたいという気持ちも分かるんですよね

 

  • 「AGAクリニックはなんか恥ずかしい・緊張する・不安」
  • 「どこがいいか分からないからとりあえず皮膚科」

 

というかんじで、皮膚科の方が気軽に行けるのが確かです。

僕も最初はクリニックに行くのすごく緊張しましたし、不安でした。(しかも20代前半という若さだからなおさらのこと(笑))

クリニックがあるビルの入り口で右往左往しつつ、人が少なくなったタイミングを見計らって入っていったのを今でも覚えています。

まあ、いざ入ってカウンセリングを始めると全然大丈夫だったけどね!

 

だからクリニックのほうが優れているとはいえ、そういう人の気持ちも良く分かります。

だから、「どうしても皮膚科がいいんだ・・・。」という方に関しては、それでもいいと僕は思っています

AGA治療って始めるがとても大切です。

一人で悩んでいるよりも、行動に移して少しでも治療を始めた方が心が楽になりますから。

 

だからAGAクリニックにどうしても気が乗らなくてなかなか治療を始められない、というくらいなら皮膚科に行ってしまったほうがいいです

行動に移してしまえばクリニックに行く勇気も出てくると思いますし。(ただ、上で説明したデメリットは覚えておいてくださいね。)

 

でも、恥ずかしい・緊張するという部分は皮膚科でも一緒だと思いますよ。

皮膚科に薄毛治療をしに来る人ってあんまりいないです。

だから「薄毛の診察に来ました」って言うのって逆に恥ずかしいと思うんですよね。

 

それに対してAGA専門の病院だと全員薄毛の悩みを抱えているし、医師やスタッフも一日に何十人というハゲを見ているわけだから、むしろ自然に緊張せずに通院できるもんですよ。

これは僕自身が行っていたので分かりますが、緊張するのって最初の一回だけです。

しかも最初の5分くらい。

 

実際に行ってみると、それこそ皮膚科や歯医者と同じような雰囲気ですよ。

だからなるべく勇気を出してクリニックに行ってみてほしいなというのが

 

まとめ

 

プロペシアを皮膚科で処方してもらうのをおすすめしない理由について解説してきました。

デメリットまとめです。

 

  • 皮膚科は診察・検査をしっかりしてくれない
  • プロペシアしか処方されない(現状維持)
  • 料金が相場より高い
  • ただし、どうしてもクリニックは無理という方は皮膚科でもいいから始めることが大切

 

となります。

結論としては専門のAGAクリニックに行ってみるのが一番です

全然普通の病院と一緒で行きやすいですから!

 

ちなみに僕がおすすめしているクリニックは

のどちらかになります。(上がコスパ重視で失敗しにくい・下がサービス重視)

詳しくはこちらを読んでみてください。

関連記事:

有名AGAクリニックの料金比較!公式サイトに書いていない月額費用を出してみた!

【体験談】AGAスキンクリニックに行ってきたからどんな人に合うのか詳しくレビューする

 

参考になれば嬉しいです。

 

-AGAクリニック

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.