【体験談】プロペシアを飲むのをやめた結果!後遺症は大丈夫なのか?

更新日:

 

こんにちは、幸村です。

AGA治療を始める前に必ず迷うのが、副作用が大丈夫なのかどうかですよね。

プロペシアやミノキシジルの副作用は、服用を中止すれば治るのか?」「もし治るのなら試してみたい」という方は多いと思います。

 

そこで今回は、中止したら本当に治るのかどうか?後遺症が残る確率は?

ということについて僕自身が副作用を受けたときの体験を踏まえ、解説していきます。

 

僕はプロペシアを中止した際に後遺症は残らなかった

 

僕はプロペシアとミノキシジルによる副作用をいくつか受けています。

  • 性欲減退
  • 多毛
  • 頭痛

の3つです。

 

これらは特に生活に支障が出ていたわけではありませんが、なんか治療前と違うなということは感じながら服用を続けていました。

そんな時、途中3カ月くらい薬の服用を中断したことがあります。(理由は、発毛後の髪を薬なしで維持できるんじゃないか?と思ったため。)

そのときに後遺症のようなものは起きませんでした。

つまり、治療薬をやめたら副作用が消えた。ということです。

 

具体的な話をすると、まず一番改善されたのは性欲です。

服用中に比べて性欲が旺盛になったり、朝立ちがよく起こるようになりました。

あとは自慰の回数が増えたということもあります。

「感覚的に性欲が強くなった」というのでは気のせいじゃないか?と思うかもしれませんが、実際に自慰の回数が増えたということはハッキリ実感したので、気のせいではなくて副作用の影響を受けなくなったからなのかなと思っています。

 

そして、服用を中止するとやっぱり抜け毛量が元に戻ってしまったので3カ月後くらいに治療薬を再開したんですが、そこからは自慰の回数は減った(また副作用が出てきた)と実感しています。

 

頭痛に関しては、実は服用を続けている間にあまり感じないようになりました。

これはミノキシジルによる血圧の変化に体が慣れたからだと思っていますが、前によくあった頭痛が最近は全くといっていいほどないんですよね。

後遺症どころか、服用中に治っちゃってます。

 

多毛に関してはあまり覚えていません。

治療前の自分がどれくらい毛深かったのかを覚えていないので比較ができませんでした。

ただそんなに大きな変化がなかったのは確かです。

 

このように、僕の体験としては後遺症は残らなかった

治療をやめると副作用は治る可能性が十分にあると言うことができます。

 

そもそもやめたくなるほど強い副作用はめったに出ないよ。

関連記事:【経験談】フィナステリドの副作用と確率まとめ!やめた方がいいのか?

 

AGA治療薬で後遺症が残る確率は?

 

で、だいたいの後遺症の確率なんですが、これはかなり低いと思っています。

そもそも副作用が起こる確率自体があまりなく、高く見積もっても10%くらい。

 

そこからさらに後遺症が残る確率をかけることになるので、服用を中止しても副作用が治らない確率をかなり高く見積もって50%だとしても

10%×50%=5%

つまり5%の人が副作用を受け、さらに後遺症が出てしまう人の確率になります。

かなり高く見積もってこの数字です。

 

幸村
今は治らない確率を50%で計算したけど、さすがにそれは高すぎるしもっとずっと低いとは思う。

 

あと、やめたくなるような強い副作用を受けてしまう人もほとんどいません。(体質による。)

 

ポストフィナステリド症候群はあまり気にする必要はない

 

プロペシアの服用をやめても副作用が治らずに悩み続けることをポストフィナステリド症候群と言います。(プロペシアの主成分「フィナステリド」から命名された)

これは調べてみるといかにも恐ろしいような、恐怖を煽る記事が書かれていると思います。

しかし、そのほとんどは育毛剤を売るための戦略です。

 

「プロペシアにはこんなに恐ろしい副作用がたくさんあります。だから、副作用が出ないようなサプリメント・育毛剤を使いましょう!

というようなもの。

 

基本的に治療薬の副作用を過剰に訴えるサイトはそういうものが多いです。

それが、世の中にAGA治療がなかなか認知されない原因だと思うんですよね。

 

なので、ネットの情報はあまり鵜呑みにしない方がいいです。

 

実際に僕はAGA専門病院の先生に聞いてみても、「副作用がきつくて治療を断念する人はあまりいない。」「ポストフィナステリド症候群のような症状になった人は見たことがない。」と言っていました。

 

体質によってはプロペシアやミノキシジルが本当に体に合わないという人もいるけど、ほとんどはやめれば治るし、医師の元で正しく治療していれば大丈夫なことが多いよ。

 

プロペシアの後遺症が残るとしたら、その原因はメンタル

 

後遺症が残ってしまう原因はおそらくメンタル的なものが多いと思います。

副作用が絶対に起こると思い込んでいると起こりやすくなるし、後遺症が絶対に出ると思い込んでいると出やすくなる。

 

ただ、よく「ポストフィナステリドは甘えだ。」とか、「気のせいだ。」という意見を目にしますが、僕はそうは思いません。

確かに気持ちの影響ではありますが、甘えとか気のせいとかいう言葉で終わらせるつもりは全くありません。

なので、本当に怖くて怖くて仕方がない人はもしかしたらやめておいた方がいいかもしれません。

 

ただし、副作用は怖いけど発毛効果は欲しい!と思う方は、発毛効果を信じて(副作用のことをあまり気にせず)治療するのが解決策かなと思っています。

思い込みの影響っていうのは悪い面だけではなくて良い面にもあります。

だから、「副作用が怖い」と言って飲むのではなく「発毛しろ!」というプラスな気持ちで飲んでみてほしいです。

 

僕は副作用よりも、効果のすごさを実感しています。

本当にで生えてくるので

 

なので、「怖くて怖くてしかたがない人以外」には本当におすすめできる治療ですよ!

 

まとめ

 

プロペシアの副作用の後遺症について解説してきました。

まとめです。

 

  • 僕自身はプロペシアを中止したら副作用も治った経験がある
  • 後遺症に悩む確率はかなり低い(高く見積もっても5%くらい?)
  • 副作用が過剰に煽られている理由は育毛剤やサプリメントを売るため
  • 「恐怖もあるけどやっぱり発毛したい」と思うあなたは前向きに飲んでみるべし

 

となります。

 

副作用のことを心配しすぎてこの発毛効果を得られないのはもったいないと思うんです。

抜け毛が減るだけでもだいぶ精神的に楽になります。

抜け毛をみるたびに落ち込んで、将来完全にハゲてしまうんじゃないかと不安で・・・。という方は、ぜひ試してみてほしいです。

医師の元で正しく治療すれば安全ですから。

 

こちらで正しいAGA治療のやり方を0から解説しているので、参考にしてみてください。

AGAの治し方を0から解説【治療歴2年の僕がデメリットも全部解説します。】

絶対に失敗しないAGA治療の始め方を0から解説【治療歴3年の僕がデメリットも全部説明します。】

  こんにちは、若ハゲの幸村です。 僕は20歳の頃からAGA治療の病院に通い、AGA治療をしてきました。(この記事を書いている時点で3年以上。) 一応今でも治療は続けていますが、現在は割と幸 ...

続きを見る

 

あと、副作用に関する僕の考えはこちらの記事でもかなり詳しく解説しているので、よかったら読んでみてください。

【体験談】副作用が怖くてAGA治療を迷ってる方へ!失敗しない方法を徹底解説

おすすめ
副作用が怖くてプロペシアを迷っているあなたへ

僕はAGA治療薬の副作用を少し受けたことがあります。その経験と、その後どうなったのかをお話しています。そしてそれを踏まえて、なるべく副作用を受けずに治療する方法・どんな人はやめておくべきかということについて詳しく解説しています。

続きを見る

 

 

-AGA治療薬の基本, AGA治療薬の副作用

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.