【動画】頭皮の血流改善の影響がすごすぎる!血の巡りのチェック方法も合わせて解説

更新日:

スコープで頭皮の血流の状態を見ている様子

 

こんにちは、幸村です。

僕のブログでは普段から「AGA治療の効果を最大限に引き出すためには、血流の改善が大切だ」と何度も言っています。

 

たとえAGA治療薬を飲んでいたとしても、血流をおろそかにすると

「治療薬を飲んでいるのに抜け毛が増える」

という現象が起こることがあります。

参考:プロペシア・ミノキシジルが急に効かなくなったら絶対に血を確認しろ!

 

ただ、血流が大事だと言っても

  • 「血流が良い状態はどんなときなのか?」
  • 「そもそも血流の良し悪しで本当に髪に影響が出るのか?」

という疑問があると思います。

 

そこで今回は次のようなことが分かる記事になっています。

 

  1. 血流の良し悪しで頭皮にどれくらい影響が出るのか比較
  2. 血流が良いか悪いかを判断する方法

 

②の判断方法は、僕がいつも家でやっている方法で、これをやるようになってから、

なぞの抜け毛が無くかなり安定した状態が続いています。

 

誰でもお金をかけずに簡単にできる方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

【動画&画像で比較】血流が足りていない頭皮はこんなかんじになる

 

まずこちらをみてもらえると、血流が良いときと悪いときの頭皮の違いがイメージしやすいと思います。

マイクロスコープという特殊な器具で頭皮を見ている動画がYoutubeにあがっていたので、紹介しておきますね。

 

「血流を良くして頭皮を柔らかくしたくらいで、本当に髪に良い影響が出るのか?」

と思っている方もいるかもしれませんが、この動画を見るとその疑問は少し解消されると思いますよ。

 

実際にスコープで見ると、血流が良いときと悪いときの頭皮の様子がハッキリ分かるので、ぜひ観てみてください。

※該当の箇所からスタートします。

 

 

頭皮の血流が悪い状態がこれ。(動画9:27のキャプション)

マイクロスコープで血流の悪い頭皮を見ている様子

 

頭皮の血流が良い状態はこれ。(動画9:42のキャプション)

マイクロスコープで血流の良い頭皮を見ている様子

 

 

明らかに違いますよね。

 

ちなみに、僕が昔クリニックに通っている頃マイクロスコープで診てもらったときも、

  • 治療薬を飲んでいるのに抜け毛が増えてきたとき➔頭皮白
  • 運動して抜け毛が落ち着いてきたとき➔頭皮赤

 

というかんじでした。

頭皮が白いときの写真は、なぜか無くしてしまったから載せられないんですが、

赤いときの写真はこちらです。

 

スコープで頭皮の血流の状態を見ている様子

赤丸は毛細血管

 

目に見えないから気付かないけど、実は頭皮の中ではこんなふうになっていたんですね。

 

どうでしょう?

血流が良いときと悪いときで、こんなに頭皮の状態が変わるんですよ。

 

実際僕は「AGA治療薬の効果がイマイチ効かなくなったな・・・。」と思った時期は、ほぼほぼ運動不足やパソコンのしすぎ(=頭皮が高い状態)が原因でした

 

それに気づいてからは普段から頭皮の感触を気にかけて、硬いようなら運動を多めにやったりしていますが、

そうして以来は治療薬の効果が安定して効いているかんじがあります。(なぞの抜け毛が起こらなくなった)

 

だから、僕のブログでは血流が大切だと散々言っているんですね。

 

運動なんて1円もかけずにできるんだから、運動不足になる前の段階から積極的にやるようにしましょう!

幸村
運動不足になってからやったんじゃ、本当は遅いからね。

 

でも、マイクロスコープなんて持ってないけど、どうやって血流の良し悪しを判断すればいいの・・・?

それでは、やり方を解説していきますね。

 

頭皮の血流の良し悪しを判断する方法

 

僕は普段、頭皮を指の腹で押した感覚で、血流の良し悪しを判断しています。

 

血流が悪くなっていると、頭皮を押した時の感触が硬いんですね。

なので、硬かったら血流が悪い=運動不足だ

と判断できるわけです。

 

「硬さで判断できるようになるのは難しいんじゃない?」

と思うかもしれませんが、これは意外と簡単にできますよ。

 

硬さを判別するには、走った後の自分の頭皮の感触を覚えろ!

 

「血流が良いときは頭皮を押すと何センチ沈む」みたいなことはありません。

でも、頭皮が柔らかい時と硬い時だと、押した時の沈み具合が明らかに違うんですよね。

 

そこで、その感触を覚えることで判断することができます。

「柔らかかった時の沈み具合」を覚えればいいんです。

 

↑これで覚えた感触よりも頭皮が硬かったら運動不足、というふうに判断するわけですね。

 

実はこれ結構簡単なんですよ。

やり方としては、

 

  1. まず一度、自分の頭皮を押して感触を確かめる
  2. 15~20分くらいラニングをする(ウォーキングでもOK)
  3. ②が終わったら、もう一度頭皮を押して感触を確かめる

というかんじです。

 

こうすると、①と③の頭皮の感触が明らかに違うんですね。

 

③の走った直後は頭皮が柔らかくなっていると思います。

それが頭皮に血が巡っている状態の感触。

 

あとは何度かこれをやると感触を覚えてくるので、次以降は

  • ①に近い硬さだったら運動不足
  • ③に近い柔らかさだったら運動足りてる

と判断できるわけです。

 

あとは運動以外でも、頭皮マッサージの直後・風呂上りなどは頭皮が柔らかくなっていることが多いので、ぜひ試してみてください。

 

ちなみに、頭皮の感触を確かめるにはこの部分がやりやすい

 

僕が頭皮の感触を確かめるときは、

  • 前頭部(前髪と頭頂部の間らへん)
  • つむじ(気持ち後ろらへん)

を押しています。

 

画像にすると、この赤い部分がやりやすいと思います。

逆に青い部分はもともとが結構硬いので分かりにくい。

 

頭皮の感触を確かめるのにおすすめな部分と、そうでない部分

 

幸村
真ん中の青い部分(小さい○のやつ)は、頭頂部の一番てっぺんの少し出っ張ってるところね。

 

まとめ

 

  • スコープで見ると、血流が良いときは頭皮の表面が赤になる(それくらい血流の影響はある)
  • 頭皮を押した感触で、血流が良いか悪いかを判断できる
  • 走った直後の頭皮の感触を覚えて、それよりも明らかに硬いときは運動不足

となります。

 

このやり方をマスターすれば運動不足によって髪が抜ける前に対処することができます。

ぜひ頭皮の感触を覚えて、やってみてください。

 

以上、参考になればうれしいです(^^ゞ

 

面白かった・参考になったと感じた方は、ブログ村ボタンを押してもらえると、順位が上がるので嬉しいです(*‘∀‘)

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

にほんブログ村

いつも応援ありがとうございます! (一瞬で戻るボタン押して大丈夫です。)

 

-AGAの原因, AGAの基礎知識

Copyright© 幸村のAGA治療研究ブログ , 2019 All Rights Reserved.